Googleサイト内検索
関東版 関西版はこちら 中部版はこちら
イメージ画像
ホーム >> コーラスの会則 >> 童謡コーラスの入団条件と在籍資格

童謡コーラスの入団条件と在籍資格

童謡コーラスは、合唱団員及び指導員、参加する全ての皆様の
健康と安全、健全な運営と活動を絶対条件としております。

  この度のコロナ禍においても全国全地区の童謡コーラスの活動自粛をお願いしております。
合唱団員の皆様をはじめ、ご家族の皆様、ご協力頂いている各方面の皆々様のご理解ご協力をお願い申し上げます。

(2020年8月1日現在)

今は一人でお家でコーラス!みんなと歌えるその日まで!

童謡コーラスの入団条件と在籍資格

  童謡コーラスの活動趣旨と目的を十分にご理解頂き、合唱団員としての責任と誇りを以って、
賛同される皆様が入会条件(入団条件)で、月会費(月々の団費)を納めることが在籍資格です。
自主活動であることから、さらには、そのあるべき理由から、様々なNPO支援の取り組みがございますが、
入団及び退団は全団員様の自由意志です。

  指導員による合唱練習の対価として受講者が月謝を支払う、消費活動ではありません。
童謡コーラス活動は、合唱団員の意識と意欲による会費活動です。
「みんなで協力して みんなで楽しむ みんなのコーラス」それが童謡コーラスです。
そのご理解こそが、みんなの一員としての資格、合唱団員の責任と誇りです。

  童謡コーラス20年間の活動で、その役割と魅力の啓発活動を続けています。〔別記参照下さい〕

 

  童謡コーラス支援事務局(NPO法人日本音楽生涯学習振興協会)のNPO事業は、

 「地域住民による地域住民のための童謡コーラス」(住民主体の自主活動を行う任意団体)を支援する事業です。
一定の条件を満たしている任意団体は、NPO法人の賛助会員として規定の支援を受けることができます。

童謡コーラスの活動趣旨目的

〔別記参照下さい〕

NPO法人の活動趣旨目的

〔別記参照下さい〕

NPO法人の賛助会員の入会条件

  1. 名称を「●●童謡コーラス」にする。宗教、政治、営利を目的とした活動をしないこと。
  2. 童謡コーラスの合唱団員より、代表(リーダー)と副代表(副リーダー)、会計の三役を決定する。
  3. 童謡コーラスの代表(リーダー)と副代表(副リーダー)の2名が年間2回の地区リーダー研修会に参加する。
    初回のリーダー研修会参加時には、「賛助会員申込書」「個人情報の取り扱いについての確認書」「委託依頼書」を提出する。
  4. NPO法人の賛助会員の会費を納入する。(月会費は、在籍者人数×任意団体の団費、入会金は、入会者人数×任意団体の入会金)
  5. NPO法人(支援事務局)による事務代行支援の公平・平等性を高め、明確化、簡略化、便宜性、効率化を図るために、支援事務局の指定・所定する共通、統一の事項を活用すること。
  6. ❶書面においては、一律のフォーマットを利用する。(きまり/入団申込書/退団届け/参加申込票/啓発募集チラシ、他)
    ❷団体番号/在籍番号/管理番号の発番と活用
    ❸ホームページやテレビ番組、公演事業などの一括募集

  7. 任意団体(童謡コーラス)の団員が、活動趣旨と目的を理解して、次の3つの事項であること
  8. ❶団員ご本人の参加が、自主活動、自己責任であることの認識を持ち備え、その意識と意欲を高めること。
    ❷団員の団費納入は、活動に参加した対価を支払う、消費する「月謝」ではなくて、会の運営費に活用される「会費」を納入して在籍すること、
    ❸会費活動に参加していることの意識、責任、誇りを高めること。

[賛助会員の任意団体(童謡コーラス)が受けられる主なNPO支援]

  1. 賛助会員の任意団体(童謡コーラス)が、活動するための会場費、設備費の全額助成
  2. 賛助会員の任意団体(童謡コーラス)が、合唱活動するための音楽指導、健全な団体運営の支援
  3. 賛助会員の任意団体(童謡コーラス)が、活動するための団員募集の費用の全額助成
  4. 賛助会員の任意団体(童謡コーラス)の事務管理の指導及代行、会計指導及び代行、他

啓発活動について

「童謡コーラス活動のきまり」「童謡コーラスの魅力」「童謡コーラスの役割」の周知、啓発のために

 ホームページやテレビ番組、ラジオ放送、会報誌やチラシ裏面案内などの書面発行及び配布、

年間2回のきまり配布と指導員や啓発活動員による説明会や周知活動、

100名以下の小規模の集会から1,000名を超える公演事業でも実施しています。

戻る

ページトップへ