年忘れ&歌い納め大合唱会2018

2018年12月20日(木)ウェスタ川越大ホールにて、年忘れ&歌い納め大合唱会2018(関東公演)が行われました。12月4日の中部公演からスタートした18回に渡る冬の大合唱会の千秋楽公演です。
本公演では、童謡コーラス指導員らによる男声合唱、藤原歌劇団特別協力による女声合唱、さらにはみんなの管弦楽団(オーケストラ)によるスペシャル編成で、年末の風物詩として定着したヴェートーベン作曲の第九(第四楽章)に挑戦しました。
歓喜の歌とも言われる楽曲を、オーケストラの壮大な演奏、美しい歌声のアンサンブルで披露すると、
会場客席からも歓喜の歓声と鳴り止まぬ拍手が沸き起こりました。